スポンサードリンク
   


京都の山科の毘沙門堂の紅葉〜渡り廊下から見る紅葉が絶景!!


毘沙門堂
毘沙門堂 / minoir


毘沙門堂は京都市の山科区に位置している天台宗の寺院です。
天台宗京都五門跡の一つに数えられています。

創建は大宝三年(703)、文武天皇の勅願で僧行基によって開かれたそうです。

ただ当初は出雲路(上京区・御所の北方)にあったそうで、
護法山出雲寺という名前だったそうです。

その後、火災などで焼失し、寛文五年(1665)に、
山科安朱の地に再建されたのが現在の毘沙門堂だそうです。

紅葉の季節、11月中旬頃になると、紅葉も見ごろになり、紅葉のピークを迎えるので、
数多くの観光客が訪れます。

毘沙門堂の紅葉で最も美しいとされるのは、
本堂に入って、そこから渡り廊下の外に繰り広げられる紅葉の景色かと思われます。

一面真っ赤に紅葉で染まっていて、非常に幻想的な風景を見ることができます。

ただ、他の京都の紅葉の観光名所などと比較すると、交通も若干不便なところもあり、
紅葉シーズンでも比較的落ち着いたところといえます。

ですのでゆっくり紅葉の景色を楽しみたいという方には、
穴場というほどではありませんが、比較的ましな紅葉スポットと言えるでしょう。


●紅葉の見頃
例年11月の中旬から11月の下旬

●交通
JR山科駅、市営地下鉄山科駅、京阪山科駅下車、徒歩約20分。

posted by 紅葉 at | 毘沙門堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


有名人ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。