スポンサードリンク
   


永観堂の紅葉の見ごろ時期


eikandou-seesa.jpg

禅林寺(ぜんりんじ)は、
一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られています。

空海(弘法大師)の高弟である僧都・真紹が、
仁寿3年(853年)に、歌人・文人であった故・藤原関雄の邸宅跡を買い取り、
その10年後の貞観5年(863年)に、
当時の清和天皇より「禅林寺」の寺号を賜わったのが始まりだそうです。

昔から「秋はもみじの永観堂」といわれ、
京都の紅葉狩りの代表的な名所として知られています。
紅葉の見ごろのシーズンになると、
大勢の観光客でにぎわいます。

eikandou-seesa2.jpg

広大な庭園に紅葉が多く植えられていて、
紅葉のシーズンになると一面が真っ赤にそまります。

春の桜のシーズンも素晴らしいですが、
紅葉の永観堂が格別ですね!!
eikandou-seesa3.jpg


tahou-seesa.jpg

●永観堂の紅葉の見ごろ時期
 例年11月中旬〜11月下旬頃です。

●永観堂への交通
 JR京都駅・市バス5系統で「南禅寺永観堂道」で下車、徒歩約3分。
 JR京都駅・市バス100系統で「東天王町」で下車、徒歩約8分。
 地下鉄烏丸線「京都」から、「烏丸御池」で東西線六地蔵方面行きに乗り換え、
「蹴上」で下車、徒歩約15分。
 京阪電車「三条」から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」で下車、徒歩約3分。
 京阪電車「丸太町」から市バス204、93系統「東天王町」で下車、徒歩約8分。








posted by 紅葉 at | 永観堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


有名人ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。